【新品未開封】羽生結弦「覚醒の時」〈初回限定豪華版〉

2023年 大原 税理士 財務諸表論 理論編 要点チェック!

ミモザのシーズン真っ盛り!産直だからできるフレッシュミモザの魅力。

はなぞくかぞくでは、千葉県南房総市の長作園さんのミモザを扱っています。

2月も終盤になり、シーズン真っ盛りの花といえば、なんといってもミモザです。
植村正久と其の時代 限定復刻版

以前、円谷しのぶ先生に、長作園さんのミモザの飾り方を伺いましたが、
今回は長作園さんのミモザの魅力やミモザにまつわるお話をしたいと思います。

まず、ミモザとは実は正しい植物名ではありません。ただしくはアカシアという名前です。
ちなみに蜂蜜の花として知られているアカシアはただしくはニセアカシアでこちらとも異なります。

アカシアは、マメ科アカシア属 学名だとAcacia (アカシア属)。ちなみにミモザ(mimosa属)という植物もありますが、これはオジギソウ(マメ科)になります。もともとオーストラリア原産のミモザがヨーロッパに紹介されたときに、葉の形が似ているからミモザと呼ばれはじめたと言われています。なので、ミモザは通称や流通名というのが正しいですが、英語圏でもすっかりミモザです。
ちなみにオジギソウに間違えられたアカシアはフサアカシア(フランスミモザ)と呼ばれる種。銀葉アカシアよりも葉が大きく、深い緑色です。


〖フサアカシア(フランスミモザ)〗

そして、関東最大のミモザ生産地がはなぞくかぞくで扱っている南房総市の長作園さんです。現在、代表をつとめる西宮哲也さんのお祖父さんの代から60年以上、生産を続けている、歴史あるミモザ産地なのです。山の斜面にいくつも植えてあるミモザの木々は季節になると山がうっすら黄色に見えるほど。銀葉アカシア以外に、シルバーグリーンの丸い葉の真珠葉アカシア、柳葉のロンギフォリア、マメの葉のような葉を持つスペクタビリスなど、数多くの種類を生産しています。


〖真珠葉アカシア(パールアカシア)〗

なかでも定番の銀葉アカシアは、導入当初から生産しており、土地や気候ともよく合っていることから、数多く栽培しています。

ミモザの小さな蕾はグリーンから黄色の綿毛のようにゆっくりと見えてきますが、小さな緑の蕾で一度、室(ムロ)と呼ばれる場所で管理します。湿度100パーセントで温度も高い空間でたっぷりのミストともに蒸されることで、蕾が咲いてくるのです。この技術は長年、枝物の生産をしている産地だからできる技術です。それが、長作園さんのミモザが美しく開いている理由です。乾燥が苦手なミモザはこのふわふわがあっという間に消えてしまうのです。そこで、産地からどこも経由せずに自宅へ届く、はなぞくかぞくで購入すると、どこよりも長くこのふわふわが楽しめるのです。

異世界に転移したら山の中だった。1 - 8 セット サイン本 じゃがバター

text:はなぞくかぞく編集部

〚長作園さんの生産者紹介ページはこちら〛

ここをクリック⇩
AKASO アクションカメラEK7000

〚長作園さんの商品購入ページはこちら〛

閑古鳥 木彫 【 須賀東篁 / 熊野 木彫色彩能人形 】 真作保証
千葉県 長作園さんのミモザアカシア”エル・カミーノ・レアル”5本

NikonDXレンズ単焦点広角レンズセット NDとレリーズおまけ付 D5600
エアジョーダン レトロ 28cm Nike Air Jordan 5 Retro Alternate Bel-Air DB3335-100

NEXRAY.BIZ RSS